酵素ダイエットって知ってますか?酵素ダイエットに関する情報を発信しています。

> 消化酵素にも種類がある

消化酵素にも種類がある

ひとくちに酵素といってもいくつかの種類があり、
3種類の酵素のページでは、消化酵素、代謝酵素、食物酵素について解説していますが、
この消化酵素についてもさらに3種類に分類することができます。

食材によって、消化=【分解できる成分】に得意とする成分があり、
肉料理などに多く含まれる、たんぱく質を分解することを得意とする酵素を多く含んでいるのが、
パイナップルやパパイアなどのフルーツ。
ごはんなどの炭水化物に含まれるでんぷんの分解を得意とする酵素を多く含むのは、
山芋、大根、キャベツ、バナナなど。
そして、特にダイエットに効果が高いとされる、脂肪の分解する酵素は、
納豆や味噌、漬け物などの発酵食品に多く含まれています。

フルーツや野菜、発酵食品が体に良いといわれる理由

私たちの体内には、もともと消化酵素と代謝酵素が存在しています。
そして食材に含まれる食物酵素が、二つの酵素をサポートしているといわれています。

フルーツや野菜、発酵食品を食べることで、消化酵素と食物酵素の両方を
摂取できるわけですから、体に良いといわれている理由も頷けます。

体調の悪い時などに、フルーツや野菜を食べるとよいとがよく言われましたが、
こういったちゃんとした理由があったわけですね。

納豆などの発酵食品

発酵食品は脂肪を分解する力が優れていることに加え、
整腸作用があるとされていて、体内の不要な老廃物を排出する効果ももっています。

また発酵食品は、既に酵素や微生物によって消化されやすい状態となっています。
つまり、ある程度消化されたものといっても良い訳ですので、
消化や吸収のために消化酵素や代謝酵素の無駄遣いをせずとも、
消化吸収することが可能なのです。

古くからよく聞かれる、胃腸の調子の悪い時に、納豆や味噌、
ヨーグルトなどの発酵食品を食べると、効果があるという話にもこういった理由があるわけです。

こういった酵素の働きをドリンクとして凝縮したものが、
酵素ダイエットに効果的として注目されている、酵素ドリンクというわけです。