酵素ダイエットって知ってますか?酵素ダイエットに関する情報を発信しています。

> 3種類の酵素

酵素ダイエットの例

1.1日1食だけ置き換え酵素ダイエット

酵素ダイエットを行う場合、食事の代わりに酵素飲料を飲むことにより、
ダイエットを行うという方法ですが、一日の全ての食事を酵素飲料に置き換えるというのは
つらいと感じる人も多くいます。 そんな場合は、一日三食の内、いずれか一食だけを
酵素飲料に置き換えるという方法があります。
この方法による酵素ダイエットは、比較的手軽に、
苦痛を感じることなく行うことができるので、無理なく続けることができ、
ダイエットを成功させることができます。

2.酵素とヨーグルトと野菜ジュースでダイエット

酵素ダイエットを行う場合に酵素液と他の食べ物と組み合わせることで、
より美しく痩せることができます。 まず、起床してコップ1~2杯の水を飲みます。
朝食の際は、野菜ジュースと酵素液を飲みます。
昼食の際は、プレーンヨーグルトと酵素液を混ぜたものを食べます。
もし、混ぜたものが苦手な場合は、それぞれを別々に食べてもかまいません。
夕食の際は、野菜ジュースと酵素液を飲みます。
そして、就寝前には、コップ1~2杯の水を飲みます。

3.酵素で半断食、ファステイングダイエット

半断食をすることによって、スピーディなダイエットができるというのは、
すでに多くの人が知っていることでしょう。
このようなダイエット方法をファスティングダイエットと呼ぶのですが、
これと酵素ダイエットを組み合わせると効果的だと考えられています。
ファスティングを行うことによって摂取する酵素の量が少なくなると言う事は
避けられないでしょう。それを補うために、積極的に酵素を摂取する事によって、
悪影響を相殺することができると考えられます。

手軽なフレッシュジュースをがよい

酵素を摂取するためにはサプリメントやドリンク剤を利用する事もできますが、
最も良い方法は生の野菜や果物をそのまま食べることです。
酵素は色々な条件によって活性を失ってしまいますから、
できるだけ生のほうが良いと考えられます。
酵素ダイエットをするときにもこれは当てはまります。
手軽に摂るのであればフレッシュジュースが便利でしょう。
同時にビタミンやミネラルも摂取することができますから、体にとっては非常によいのです。

生の野菜や果物をすりおろす

酵素ダイエットを行う場合、普段の食事でも酵素を多く含む食材を取り入れることが大切です。
酵素を多く含む食品として、野菜や果物がありますが、
加熱すると酵素が失われてしまうため、生のまま食べる必要があります。
また、すりおろすことにより、酵素の量が2~3倍に増加するというメリットがあります。
そのため、酵素ダイエットを行う際には、
生の野菜や果物をミキサーにかけ、ジュースを作って飲むことにより、
効率的に酵素を摂取することができます。

食事で取りたいのは、酵素だけじゃなく補酵素も

補酵素とは、酵素が何らかの反応をするときに必要となる物質を指します。
酵素に比べるとサイズが小さい事が多いです。
酵素だけでは反応を促進する事も阻害する事もできない場合があるのです。
酵素ダイエットをするときには色々な酵素を積極的に摂取することが必要となるのですが、
食事で摂取するときには酵素だけではなくて補酵素も摂取するべきでしょう。
そうすることによって体内での反応が活性化して、
高いダイエット効果を得ることができると考えられるのです。