酵素ダイエットって知ってますか?酵素ダイエットに関する情報を発信しています。

> 基礎代謝の低下と年齢

基礎代謝の低下と年齢

酵素は年齢を重ねることで減少してゆくわけですが、
私たちの体は酵素だけでなく、さまざまな働きが年齢とともに低下します。

これは15歳~18歳ぐらいのいわゆる成長期をピークとして、
低下してゆくといわれていて、これ以上成長するために力を使わなくていいよ。
あとは維持できればいい。という方向へと変化するためです。

基礎代謝についても例外ではなく、仮に18歳の時のままの食事をとっていたならば、
1年あたりにおよそ0.4kgの脂肪がついてしまうというデータがあります。

基礎代謝が低下するということは

基礎代謝が低下するといっても、あんまりピンとこないかもしれません。
上記のように、体は成長するよりも維持できれば良い。
という傾向に変るわけですから。維持するためには、
できるだけエネルギーを消費しないように努力するのです。

ではここで、無理な食事制限をしてダイエットをしたならどうでしょう?
摂取カロリーは減りますから、とりあえず体重を減らすことはできるでしょう。
しかし、体にとっては食事というエネルギー源が
あまり入ってこなくなるわけですから、
より確実に体を維持しようとして、もっと脂肪を蓄えようとします。

つまり、無理な食事制限は基礎代謝能力を
さらに低下させてしまう原因となってしまうわけです。

酵素ダイエットが有効な理由

酵素ドリンクを用いた酵素ダイエットにも
プチ断食というのがありますが、
これは、1日とか長くても3日間などごく短期間、
食事を摂らない代わりに、酵素ドリンクを飲むというものです。
酵素ドリンクは、体が必要とする栄養素を無理なく摂ることができるわけです。

さらに、酵素を補うことで消化酵素や代謝酵素を節約できますから、
本来の代謝能力をさらにアップさせる効果をもっているので、
無理なくダイエットできるともいわれているわけですね。